のんびりWORLD

日々の気になった話題を気ままに書いています。

鈴木杏樹と死別した元夫、山形基夫医師ってどんな人?莫大な遺産が残されていた!?

f:id:guutarazuki:20200207160216j:plainhttps://twitter.com/

喜多村緑郎さんと不倫していたとして話題になっている鈴木杏樹さん。

元夫の山形基夫(やまがたもとお)さんとは、死別という悲しいお別れをしていたようですね。

今回は、山形基夫さんがどんな方なのかをまとめてみました。

鈴木杏樹の元夫は外科医師の山形基夫

鈴木杏樹さんの元夫、山形基夫さんは駿河台日本大学病院に勤務していた外科のお医者さんです。

f:id:guutarazuki:20200207160838p:plain
https://twitter.com/

1975年に日本大学医学部に進学した後、1981年に日本大学医学部を卒業します。

その後は母校である板橋病院へ勤務することになります。
また、日本だけではなくアメリカへ留学した経歴があり、主に内視鏡治療のことについて徹底的に学び、消化器ガンについて研究をします。

山形基夫さんは医師としてテレビ番組にも出演したことがあるそうで、番組内では「ガンの権威」として紹介されているほど優秀な医師と紹介されていました。

さらに外科部長という経歴も持っており、名医でもあり高い地位にある人だったことがわかります。 

鈴木杏樹と山形基夫の馴れ初め

鈴木杏樹さんが腸閉塞を患ったときに担当していたお医者さんが、山形基夫さんだったそうです。

杏樹さんの手術も行ったようですね。

2人は出会って4ヶ月後の1998年6月に結婚しました。

かなりのスピード結婚ですね。

f:id:guutarazuki:20200207160814p:plain
https://twitter.com/

結婚当時、杏樹さんは28歳で山形さんは41歳ということで、13歳の歳の差カップルでした。

杏樹さんは山形さんのことを「先生」と呼んでいたそうです。

鈴木杏樹は不妊治療をしていた

鈴木杏樹さんは結婚した当時は28歳で、姑さんから「孫の顔が見たい」とも言われていたといいます。

そのため5年間に及ぶ不妊治療をしていたそうですが、お子さんは授かりませんでした。

鈴木杏樹の元夫、山形基夫の死因

山形基夫さんは2013年、56歳で亡くなりました。

まだまだ若いですね。

死因は、内臓疾患だっだそうです。

山形さんは、亡くなる6年ほど前から内臓疾患を患っていたといいます。

2012年に肝臓移植をする予定だったそうで、肝臓に何かしらの問題を抱えていたのではないかと言われています。
体調や準備などを万全にした状態にして、2013年に手術をしようと決めていましたが、残念ながら手術をする前日の2月1日に亡くなってしまいました。

鈴木杏樹、ZIP生放送中に夫の危篤状態を知る

山形基夫さんが亡くなった日、鈴木杏樹さんは日本テレビ系の番組「zip」の生放送に出演していました。

f:id:guutarazuki:20200207165512j:plain
https://twitter.com/

杏樹さんがzipの本番に向かっている段階で、山形さんの危篤状態が伝えられていたそうです。
zipの放送終了後にすぐに病院へ向かいましたが、山形基夫さんは既に亡くなっていたといいます。 

遺産が3億円あった!?

山形基夫さんが優秀な医者なだけあり、莫大な遺産が残されていたそうです。

3億円はあるとも言われたことで、鈴木杏樹さんに「遺産目当てで結婚したのでは」という疑惑が浮上していたこともありました。

f:id:guutarazuki:20200207160326j:plain
https://twitter.com/

しかし、葬儀でのやつれた様子や泣くのを必死でこらえている姿から、そのような声はなくなったようです。

女優として活躍されていたので、遺産目当てで結婚したとは考えにくいですね。

 

このような悲しいお別れの過去があったのなら尚更、今回の喜多村緑郎さんとの不倫はとても残念に感じてしまいます。

せっかく綺麗で素敵な女優さんなので、幸せになってほしいですね。

こちらの記事もどうぞ!