のんびりWORLD

日々の気になった話題を気ままに書いています。

神戸の雰囲気が一気に中華街に!南京町に行ってきました。

神戸市には、「南京町」という中華街があります。

中華料理が大好きなので、行ってきました!

 

こちらは、西安門です。

f:id:guutarazuki:20191120171809j:plain

横浜や長崎にも、中華街がありますね。

 

その二つと合わせて、日本三大中華街と言われています。

南京町ってどこにあるの?

「南京町」というと、そういう町があるのかとも思いますが、 実際にはそのような町はありません。

実際は、この場所は、神戸の元町通から栄町のあたりにあります。

 

そこの一角にある中華街のことを、「南京町」という通称で呼んでいるんです。

南京町ってどんなところ?

南京町には、中華料理の美味しいお店がズラッと並んでいて、中華好きの人にはたまらないエリアだと思います。

食べ歩きが楽しい

南京町の楽しみといえば、食べ歩きです!

 

ここでは、みんな歩きながらモグモグ食べています。

 

それがまた、美味しさ倍になって楽しいんですよね。

 

中華街なので、餃子、肉まん、小籠包など、おいしい中華グルメがたくさん食べられます。

 

たくさんありすぎて、どれから食べようか迷ってしまいます。

 

お店の雰囲気も、本場の中国の屋台のようです。

フカヒレラーメン

美味しそうなラーメンや、流行りのタピオカドリンクもあるんです。

 

なんと、フカヒレラーメンが食べられるんですよ!

ラーメンの中ではダントツで一番人気だそうです。

 

あの高級食材のフカヒレですからね。

なんと300円なんて、安いですよね。

 

なんだか得した気分になれます。

 

寒い時期の一杯のフカヒレラーメンは、たまりません!

肉まん

もちろん、肉まんもありますよ。

 

「老祥記」さんは、豚まん目当てでいつも行列ができています。

 

私が行った時は閉まっていました・・。

神戸牛も?

神戸だからか、神戸牛が食べられるお店もありました。

 

神戸牛の入ったコロッケが食べられます。

 

出来立てのアツアツで食べられるので、すごく美味しいですよ!

 

本格的に神戸牛のお肉が食べられるお店までありました。

 

ステーキやハンバーガー、そして、お寿司まであるみたいですね。

中華街の雰囲気が楽しめる

中華街の雰囲気って、日本とはまったく違いますよね。

 

南京町に一歩足を踏み入れたら、空気がガラッと変わるんです。

 

神戸とは思えないくらいの景色になるので、とっても楽しい気分になります!

 

ブラブラ歩いていると、いきなり宙ぶらりんに吊るされた鶏肉が現れました。

 

ぱっと見るのはいいけど、じーっと見ているとなんだか複雑な気分になってきますね。

にわとりさん、ありがとう。

写真スポット

写真映えスポットの広間もあります!

 

広間は、記念写真を写真を撮るのに最適な場所でした。

 

私が行った時は平日の朝で、人が少なめだったので写真を撮ることができました。

いつもは人がいっぱいいますよ。

 

ここで、お祭りをしていることがあります。

 

その時には、歩けないくらい人がすごいことになっていますが、日本ではなかなか見ることができない「龍の舞」とかを見ることができます。

 

すごい迫力で、目の前で見ると圧倒されるほど、すごいパフォーマンスですよ。

お土産やさん

南京町のお土産もバッチリ買えますよ。

 

南京町のお土産もありますし、普通に神戸のお菓子とかもありました。

まとめ

神戸の南京町をご紹介しました。

 

中華街の雰囲気って、とてもいいですよね。

 

神戸にいながら異国間を味わえるし、本場の中華料理の味を楽しめるので最高です。

 

中華料理が大好きなので、ちょっとずつつまみながら食べ歩きできるのが良かったですね。

まだまだたくさんのお店がズラーっと並んでいたので、もし神戸に行く機会があったら寄ってみてくださいね。

 

もちろん、食べ歩きだけではなくてお店の中でも食べられるので、座ってゆっくり味わいたい方も大丈夫ですよ。