のんびりWORLD

日々の気になった話題を気ままに書いています。

さんまの宮迫への擁護発言「あいつにも生活がある」に、世間から「甘すぎる」の声!

f:id:guutarazuki:20200209154237j:plainhttps://twitter.com/

明石家さんまさんは、2月8日に放送されたMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、闇営業問題で活動休止していた宮迫博之さんのYouTubeチャンネルでの活動復帰について、初めて発言しました。

その中でさんまさんの宮迫さんを擁護した発言が、「甘すぎる」「おかしい」という意見がたくさん上がっているようです。

さんま、宮迫のYouTube復帰について言及

実際のさんまさんのラジオ音声がこちらです。

32分02秒あたりから、宮迫さんについて語っています。

さんまさんは、宮迫さんのYouTubeチャンネル開設は「もちろん知ってた」と話し「周りが反対してるのも宮迫に伝えて“オマエはその年齢やし、あとは自分で決めてやりたいことをやって”と」と、やりとりを話しました。

あいつには生活があるし家のローンもある。家族を養わなあかんねん」「(復帰が)早い、と言う人はそう言う前に仕事あげてくれ」と、宮迫さんを擁護しました。

実際に聴いてみた方が、さんまさんのニュアンスが伝わるかと思います。

宮迫さんは、これだけ擁護してくれている大先輩の言葉を聞いて、いったいどう感じているのでしょうか。

困っている人を放っておけないというさんまさんのポリシーはわかるのですが、複雑な気持ちになりますね・・。

宮迫さんが勝手にYouTubeを開始するのなら、最初からさんまさんを頼って迷惑をかけないでほしかったですね。

さんまの宮迫擁護の言葉に「おかしい」の声

さんまさんの宮迫さんを擁護する発言に対して、世間からは厳しい声が上がっています。

さんまを擁護する声も

「さすが、さんまさん」という声もありましたが、厳しい声の方が多いようです。

この時点で、宮迫さんは大先輩に多大な迷惑をかけているわけです。

さんまさん好きからすると、非常に悔しくなるのです・・。

YouTubeはかなり儲かるでしょうから生活の心配もいりませんし、さんまさんはもう宮迫さんには関与しなくていいのでは・・と感じてしまいます。